Windows 10 のコンパクトOSで起動時間を短縮?

パソコンのこと

最近、Windows 10 に コンパクトOS という機能があることを知りました。

まだまだ、たくさん知らないことがありますね。

HDD を使用している場合、この機能によりOSファイルを圧縮することによって Windows 10 の起動時間短縮が期待できます。

一方、SSD は読み込みが高速なので圧縮の効果が小さく、読み込み後の解凍が CPU の負担になるため、OSファイルを圧縮すると逆にパフォーマンスが低下してしまうのだそうです。

圧縮するかどうかは Windows 10 が判断してくれるみたいです。

私が使っている Windows 10 パソコンは元々内蔵されていた HDD を SSD に交換していますので、どっちの設定になっているのか気になって調べてみました。

圧縮状態の確認と設定変更は管理者権限の Windows PowerShell で行えます。

設定を確認するコマンドは compact /CompactOS:query です。

残念ながら、私のパソコンは SSD なのに圧縮が有効になっていました。

そこで、compact /CompactOS:never コマンドにより圧縮を解除しました。

compact /CompactOS:never コマンドにより圧縮を解除
compact /CompactOS:query コマンドで圧縮状態を確認

この結果、Windows 10 の起動やシャットダウンが速くなりました。

さらに、Word や Excel の起動も速くなりました。

コマンドをひとつ実行しただけなのに・・・すごく得した気分です。