Zoom によるオンラインレッスン・オンラインサポートを行っています

PowerPoint のリハーサルで記録される時間が間違っている?

いま六日町で PowerPoint の講習を行っていますが、明日が最終日で、確認テストとして受講者の皆さんがひとりずつ5分の持ち時間で自由なテーマで発表を行います。

この確認テストでは発表時間も採点基準となっているために、今日皆さんはリハーサルを繰り返してプレゼンテーションに要する時間をチェックしました。

今日、受講者の方からの指摘で、PowerPointリハーサル機能を使って測ったプレゼンテーション時間と実際にかかった時間にけっこうな違いが生じる可能性があることが分かりました。

この違いの原因は、リハーサル機能では画面切り替え効果にかかった時間がカウントされないためです。

例えば、スライドが11枚で画面切り替え効果に3秒かかるプレゼンテーションの場合、リハーサル機能を使って測った時間がストップウォッチを使って測った時間よりも30秒も短くなってしまうんです。

リハーサル機能を使うときには気をつけないといけませんね。

オンラインレッスンを行っています
全国どこでもご自宅・職場にいながらにして、経験・実績が豊富な講師が100%専任で対応する完全個別レッスンをご受講いただけます。 知りたいこと、わからないことなど、どんどん質問してください。その場であなたのお悩み・お困りごとの解決をお手伝いします。
パソコンのこと 講習会
魚沼情報サービスをフォローする
魚沼情報サービスのブログ