Responsive Lightbox にギャラリー作成機能が追加されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私のお気に入りの WordPress プラグイン Responsive Lightbox がバージョンアップしてプラグイン名が Responsive Lightbox & Gallery に変わり、強力なギャラリー作成機能が追加されました。

WordPress 標準のギャラリーを使う場合、そのままだと格好悪いので CSS をカスタマイズする必要がありますが、Responsive Lightbox のギャラリー編集画面ではさまざまな設定ができるようになっていて、CSS をいじらなくても好みに合わせて見た目のよいギャラリーを作ることができます。

「これ便利!!」と思ったのが、画面幅によって自動的にレイアウトが切り替わるサムネイルの列数をギャラリーごとに指定できるところです。

画面幅によってサムネイルをレイアウトする列数を指定できる

これを CSS でやろうとするとけっこう手間がかかりますし、列数をギャラリーごとに設定できるので、写真の数が多い場合は5~6列、少ない場合は3~4列というようにレイアウトを使い分けることができます。

このプラグインは3タイプのギャラリーを作ることができます。

  1. Basic Grid
  2. Basic Slider
  3. Basic Masonry

それぞれのタイプのギャラリーを作ってみました。

Basic Grid で作ったギャラリー

Basic Slider で作ったギャラリー

Basic Masonry で作ったギャラリー

画面幅を変更したときの動作が Basic Grid と異なります。

くりっく

WordPress には便利なプラグインがいろいろあります。うまく活用したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ホームページ制作のこと、お気軽にご相談ください。

ホームページを制作するだけではなく、ホームページ更新やアクセスアップのためのノウハウの講習、SEO対策などのサポートに特に力を入れています。
パソコン教室の運営も行っていますので、パソコン初心者の方でも初歩からホームページ運営に必要な操作やノウハウを無理なく習得することができます。


見積り依頼・お問合せはこちら