Google Search Console Team からこんなメールが届きました。

2017 年 10 月より、ユーザーが Chrome(バージョン 62)で HTTP ページのフォームにテキストを入力すると、「保護されていません」という警告が表示されるようになります。
・・・(中略)・・・
長期的には、HTTP で配信されるすべてのページを「保護されていません」と明示することを計画しており、この新しい警告はその一環です。
・・・(中略)・・・
この問題を回避するには:
HTTPS に移行する
・・・(以下略)

Chrome のセキュリティ警告を http://〇〇〇〇〇〇〇 に表示します

私が管理しているサイトを徐々に HTTPS に移行していたところですが、問い合わせフォームなどについては先行して作業を行っておいた方がよさそうですね。