Windows Vista で Chrome を起動したら、こんなメッセージが表示されました。

Windows XP と Windows Vista はサポートされなくなったため、このパソコンでは間もなく Google Chrome のアップデートが受信されなくなります。

Windows XP と Windows Vista はサポートされなくなったため、このパソコンでは間もなく Google Chrome のアップデートが受信されなくなります。[詳しく見る] をたどっていくと、Chrome Blog のこんな記事がありました。

Updates to Chrome platform support

Windows Vista のサポートも同時に終了する理由について

マイクロソフトが積極的にサポートしなくなったため

と説明されています。

マイクロソフトは Office 2013 の時点で Windows Vista をサポートから外していましたので、積極的にサポートしていないのは間違いないです。

でも、グーグルの理由はしっくりきません。

この理由から考えると、Chrome が今でも Windows XP をサポートしているのは矛盾しています。

マイクロソフトがサポート終了した Windows XP をその後2年間近くもサポートし続けているんですから。

Google Chrome が3月いっぱいで Windows XP/Vista のサポートを終了

結局、マイクロソフトのサポートの有無に関係なく

  • Windows XP は利用者が多いからサポートを継続した。
  • Windows Vista は利用者が少ないからサポートを終了する。

ということなんだと思います。

たしかに、Windows Vista を使っている人って見かけなくなりましたね。

【2016.2.2 追記】Windows Vista を使い続けてよいか

この記事を投稿してから、ブログへのアクセスが通常の倍くらいに増えています。

もうしばらく使えると思っていたところに「Windows Vista はサポートされなくなったため・・・」なんて言われると不安になりますよね。

この記事でも Windows Vista についてどちらかといえば悲観的に書きましたが、マイクロソフトのサポートが提供される2017年4月11日までは Windows Vista を使うことに問題はありません。

ただし、4月になったら Chrome を使わない方が安全です。

Firefox とか Opera も Windows Vista をサポートしていて、サポートを終了するようなアナウンスはいまのところないので、こういったブラウザに切り替えた方がよいです。