ホームページ制作のこと、お気軽にご相談ください

魚沼情報サービスはホームページを制作するだけではなく、ホームページ更新やアクセスアップのためのノウハウの講習、SEO対策などのサポートにも力を入れています。
パソコン教室の運営も行っていますので、パソコン初心者の方でも初歩からホームページ運営に必要な操作やノウハウを無理なく習得することができます。

見積り依頼・お問合せはこちら

WordPress 3.6 にアップデートしたら固定ページのテンプレートがデフォルトテンプレートになってしまう不具合の対策

最近、WordPress を 3.4.2 から 3.6 にアップデートしたところ、固定ページを更新するとテンプレートデフォルトテンプレートになってしまう不具合が起きるサイトがありました。

例えば、トップページの編集画面を開いて更新ボタンをクリックすると、トップページ用のテンプレートがデフォルトテンプレートに勝手に切り替わってしまいます。

再度編集画面を開いてテンプレートを選び直しても、更新するとまたデフォルトテンプレートに戻ってしまいます。

WordPress 3.6 にアップデートしたら固定ページのテンプレートを選べなくなった

WordPress 3.6 にアップデートしたら固定ページのテンプレートを選べなくなった

いろいろと調べてみて、ようやく原因がわかりました。

サーバ上でテーマが置いてあるディレクトリに [以前のファイル] というディレクトリが作られていて、このディレクトリの中に以前の.phpファイル(テンプレートのファイル)がバックアップとして残されていたのが原因でした。

WordPress 3.6 にアップデートしたら固定ページのテンプレートを選べなくなった

試しにこのディレクトリの名前を [old_files] に変更してみたところ、不具合が解消されました。

WordPress 3.6 にアップデートしたら固定ページのテンプレートを選べなくなった

このディレクトリを残しておくといずれまた不具合の原因になるかもしれないので、バックアップはパソコンの方にだけ残すようにして、このバックアップ用のディレクトリをサーバから削除しておきました。