Zoom によるオンラインレッスン・オンラインサポートを行っています

コーキング材で雨漏り修理

今日の午後、自宅の出窓の雨漏りを自分で修理しました。

築20年以上にもなると、あちこちに問題が起きてきますね。

自分で直せそうなところはやってみよう・・・ということで、必要なものや作業手順などをネットで調べて挑戦してみました。

用意したものは「ポリコーク」というコーキング材とコーキング材をならすためのへらです。

雨漏り修理に使用したポリコーク - Canon PowerShot SX160 IS

これを使って出窓の屋根と外壁のすき間を塞いでいきます。

ポリコークで雨漏り修理 - Canon PowerShot SX160 IS

ポリコークで雨漏り修理 - Canon PowerShot SX160 IS

最初はコーキング材をならすのにへらを使っていたのですが、ヘラでは作業しづらいので、結局炊事用手袋をして指先でコーキング材をならしました。

たぶんこれで雨漏りが止まってくれると思うのですが・・・。

今回はグレーのポリコークを使用しましたが、白のポリコークの方が見た目がよかったかなと思います。

私が買いに行ったホームセンターにはグレーしか売っていなかったのですが、あとでネットで白もあることを知りました。

修理箇所が道路の反対側で人目につかない場所なので、あまり気にしませんが・・・。

なので、マスキングもしませんでした。

この作業についでに、エアコンの配管カバー(手前のネジ止めしてある部分)を取り付けました。

エアコンの配管カバーを取り付け - Canon PowerShot SX160 IS

数年前に パソコン教室くりっく の屋根から落ちた雪で配管カバーが外れて吹っ飛んでしまって、(たぶん)裏の水路に流されてしまいました。

しばらく幅広のビニールテープで塞いでいたのですが、似たような形の部品がホームセンターで売られていたので、それを買ってきて取り付けました。

同時購入したエアコン配管用パテで壁の穴を塞いだのですが、パテが配管部品の上に見苦しくはみ出していますね。

まぁ、素人の仕事なんてこんなもんでしょう。

取り付けた配管部品のサイズも既存の配管とぴったり合っていませんが、ビニールテープよりはずっと見た目がいいですゎ。

オンラインレッスンを行っています
全国どこでもご自宅・職場にいながらにして、経験・実績が豊富な講師が100%専任で対応する完全個別レッスンをご受講いただけます。 知りたいこと、わからないことなど、どんどん質問してください。その場であなたのお悩み・お困りごとの解決をお手伝いします。
日記
魚沼情報サービスをフォローする
魚沼情報サービスのブログ

コメント

  1. 不動さん より:

    おはようございます。お元気そうで何よりです。

    ホームセンターで購入して、自ら修理。。。すごいですね。
    しかもネットで方法を調べたり。。。やる気の問題ですね!

  2. くりっく より:

    不動さんさん、こんにちは。
    今回はなんとか自分でできそうな気がしたので、やってみました。
    作業場所が高いところだったので、ドキドキしましたけど。
    雨漏りが止まってくれればいいのですが・・・。
    もしこれでダメなら業者さんにお願いします。