OLYMPUS C-2040ZOOM を買いました

最近一眼レフのデジカメを買って、デジカメの仕組みについて興味を持つようになりました。

一眼レフでなくても、明るいレンズが使用されているデジカメだと、暗い室内でもストロボなしできれいな写真が撮れるんだそうです。

その代表的な機種が、10年前に OLYMPUS から発売された C-2040ZOOM という機種で、レンズは F1.8 という明るさを持っています。この数字が小さいほど明るいレンズなんです。ちなみに、私の一眼レフのレンズは F3.5 です。

最近のコンパクトデジカメは画素数と低価格を重視した作りになっていてレンズにコストをかけないので、このような明るいレンズを持った機種はほとんどなくなった・・・とのこと。

Yahoo!オークションで探してみたところ、C-2040ZOOM が出品されていたので早速落札して手に入れました。

Yahoo!オークションで落札したC-2040ZOOM

古い機種なのでとても安く手に入れることができましたが、状態がけっこうよくて、動作にも問題がありませんでした。

室内で写真撮影してみましたが、たしかにストロボなしでも画像が明るいですし、背景をぼかした写真も撮りやすいです。

明るいレンズの力って、すごいんですね。

せっかく手に入れたので、この明るさが生かせるような場面で使っていきたいと思います。

一眼レフ用のレンズで、F1.4 とか F1.2 というすごい明るさのレンズがあります。めちゃくちゃ高くてかんたんには手が出ませんが、いつかは使ってみたいもんですなぁ・・・。