WordPress + Lightning のサイト制作・カスタマイズ・サポートを承ります

ホームページに埋め込んだ Google マップをスマホでスクロールしないようにするには

スマホ

Google マップはホームページに埋め込んで使われることがよくあります。

そのページをスマホで表示してスクロールするとき、使い勝手が悪くなってしまうことがあります。

Google マップが画面幅いっぱいに配置されていると(たいていの場合こうなっていますね)、ページをスクロールして Google マップのところまで来ると、そこで地図のスクロールが始まってしまい、ページを先に進めることが面倒になってしまいます。

この問題の対策はいろいろありますが、私がやっている比較的手軽な方法を紹介します。

まず、以下のように Google マップのHTMLソースを div タグで囲みます。

<div class=”g_map”>
<iframe src=”https://www.google.com/maps/… (略) ></iframe>
</div>

クラス g_map に対して pointer-events: none; を指定すると、マウスで地図を操作できなくなります。つまり、静止画と同じになります。

.g_map {
pointer-events: none;
}

これでは地図としての機能が不十分ですので、地図の下に Google マップへのリンクを置くとよいです。

レスポンシブデザインの場合、メディアクエリを使ってスマホだけに上記の pointer-events: none; を適用すれば、パソコン・スマホどちらでも使いやすい地図ができます。

さらに、スマホ以外では display:none; により地図の下のリンクを非表示にすればスマートですね。

下の地図はこの方法で作ったものです。パソコンとスマホ(またはパソコンの画面幅を小さくして)でご覧いただくと違いがお分かりいただけます。

Google Map を表示する »

WordPress サイト制作・カスタマイズ・サポートを承ります

このブログを運営している、魚沼情報サービスの対馬です。ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

弊社は、WordPress を使用したサイト制作・カスタマイズ・サポートを全国どこからでも承っています。

ベクトルが販売している WordPress テーマ「Lightning」「Katawara」および同社のプラグイン (VK Blocks Pro ・ VK Filter Search Pro) を使ったサイト制作・カスタマイズを最も得意としています。

遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メールなどを使用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを開設・運用する上で、うまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

* ドメインやサーバーの契約・申込み
* WordPress やテーマ、プラグインのインストール
* アクションフック・フィルターフック・jQuery・CSS によるカスタマイズ
* ドメインの移管・移転
* 日常の更新作業
なども含めて、サイトの制作・運用全般をお手伝いできます。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

スマホ ホームページのこと
魚沼情報サービスをフォローする
魚沼情報サービスのブログ