Excel 2013 で複合グラフを作る方法

パソコンのこと

Excel 2013 で2級試験対策コースを担当することになり、試験問題をひと通りチェックしていて、複合グラフを作るところで手が止まりました。

Excel 2010 まではおおよそ以下の手順で複合グラフを作成していました。

  1. 縦棒グラフを作成する。
  2. 該当する系列を選択して書式設定画面を開き、主軸を第2軸に切り替える。
  3. その系列のグラフの種類を折れ線グラフに変更する。

ず~っとこの方法で使って(教えて)きたのですが、Excel 2013 ではこの方法が使えなくなっていました。

Excel 2013 には 複合グラフの挿入 というボタンが追加されました。

Excel 2013 には 複合グラフの挿入 というボタンが追加されました

グラフの種類の変更画面には 組み合わせ という項目が増えて、系列ごとにグラフの種類と軸を指定するようになっています。

Excel 2013 で複合グラフを作る方法

長い間使い慣れた操作性が変わることにちょっと抵抗を感じますが、この画面は分かりやすいですね。