Windows 10

Windows 10 の言語パックのインストール ~ 簡単ですが時間がかかります

Windows 10 の言語パックのインストール

お客さんから調子が悪いパソコンをお預かりして、Windows 10 をクリーンインストールしました。

英語表記でお使いになる方なので、英語の言語パックをインストールしました。

Windows 10 では初めて言語パックのインストール作業を行いましたが、操作は簡単でした。

[設定] ⇒ [時刻と言語] ⇒ [地域と言語] ⇒ [言語を追加する] で使いたい言語を選んでやります。

Windows 10 の言語パックのインストール

操作は簡単でしたが、ダウンロード~インストールに時間がかかっていました。

あまりにも時間がかかるので、パソコンがおかしいのかもしれないと思って別のパソコンでも試したのですが、2台とも放っておいたらインストールが終わっていました。

エクスプローラーの PC のフォルダーの場所が OneDrive に変わってしまったときに元に戻す方法

パソコン教室くりっくの実習用パソコン (Windows 10) で、エクスプローラーで表示したときに PC の下のドキュメントフォルダーの場所が OneDrive に変わっていました。

PC のドキュメントフォルダーの場所が OneDrive に変わってしまった

私の理解では PC の下のドキュメントの場所は

C:\Users\pckli\Documents

だったはず・・・。それが、PC のドキュメントのプロパティで確認すると場所が

C:\Users\pckli\OneDrive\ドキュメント

になっています。

また、プロパティ画面に [場所] タブが表示されず、場所を変更することもできなくなっています。

PC のドキュメントフォルダーの場所が OneDrive に変わってしまった

いつ、どのような理由でこのような状況になったのか不明ですが、OneDrive の設定をいろいろいじったのが原因のような気がします。

ふだんから OneDrive をメインで使っているならこれでもいいのですが、パソコン教室くりっくでは Word や Excel で作成したファイルを保存するときに、OneDrive を使わずに従来のやり方でドキュメントに保存しています。

なので、エクスプローラーで従来からのドキュメントフォルダーをすぐに開けないのは困るんです。

そこで、ドキュメントフォルダーの場所を元に戻す方法を見つけて対処しました。

レジストリエディタで

HKEY_CURRENT_USER → SOFTWARE→ Microsoft→ Windows→ CurrentVersion→ Explorer→ User Shell Folders

にある値を書き換えたら元に戻りました。ついでに、ピクチャの場所も元に戻しておきました。

PC のドキュメントフォルダーの場所が OneDrive になっていた

Windows 10 のクリーンインストールサービスのご案内

Windows 10 のクリーンインストールサービスのご案内

昨年から行われている Windows 10 への無償アップグレード期間があとわずか・・・7月29日で終了します。

Windows 10 のクリーンインストールサービスのご案内すでにアップグレードして Windows 10 をお使いの方もたくさんいらっしゃいますが、

  • アップグレードしたら動作が不安定になって元に戻した
  • アップグレードがうまくいかなかった
  • 試してみたいけど自分のパソコンでちゃんと動くか心配

という方もいらっしゃると思います。

魚沼情報サービスでは、その方々にクリーンインストールサービスを提供しています。

アップグレードに比べて快適・安定

クリーンインストール作業では、ハードディスクの中味をいったん空にして新たに Windows 10 をインストールします。

そのため、システムがシンプルになるためにアップグレードした場合に比べて快適で安定した動作が得られます。

アップグレードでは動作が遅くてイライラしたパソコンでも快適に使えるようになります。

元の Windows に戻せますのでご安心ください

Windows 10 をインストールする前にいまお使いの Windows 7 や Windows 8.1 を丸ごとバックアップいたします。

Windows 10 が気に入らず、やっぱり前の方がよかったという場合は元の Windows に戻すことができます。

バックアップにはお客様の大事なファイル等も含まれますので、安心して作業をおまかせください。

クリーンインストールに加えて、いまお使いのソフトやデータの移行に関するサポートも行っています。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

相談・見積りは無料です。こちらからお気軽にご連絡ください。

【要注意】Windows 10 の無償アップグレードが強引になってきました

マイクロソフトが行っている Windows 10 への無償アップグレードがだんだん強引になってきました。

更新プログラムを非表示にしてもまたアップグレード画面が復活するようになりました。

そして、アップグレードの画面に表示されるボタンが「今すぐアップグレード」と「今夜アップグレード」になりました。

「今すぐアップグレード」と「今夜アップグレード」

このような二択って見たことないです。

さらに最近になって Windows 10 へのアップグレードが勝手に実行されてしまうという現象が一部のパソコンで発生しています。

Windows 10 にアップグレードすると使用しているソフトが正常に動作しなくなる可能性がありますので、業務で使用しているパソコンでは特に注意が必要です。

Windows 10 のアップグレードプログラムの手法って、スパイウェアやワンクリック詐欺に似ていると感じます。

私、OSのアップデートに関してはかなりの慎重派です

私が使っている iPad mini のソフトウェア・アップデート画面を確認したら iOS のバージョンが 9.0.2 になっていました。

iPad mini のソフトウェア・アップデート画面

ここまでくれば初期バージョンの不具合もきっと解消していることでしょう。

そろそろアップデートしてもいいかな・・・と思いましたが、App Store のアップデート画面に

iOS9 で発生していた不具合などを修正しました。

と表示されているアプリがありました。

App Store のアップデート画面

これを見て、iOS9 へのアップデートを先送りすることに決めました。

スマホにも Android 5.0 (Lollipop) へのバージョンアップのお知らせが届いていますが、この新しい OS でも問題報告を目にするので、当面は Android 4.4.2 のままで使い続ける予定です。

Android 5.0 (Lollipop) へのバージョンアップのお知らせ

タブレットもスマホも余っているものがあれば、ぜひ新しい OS を試してみたいですが、現状困っているわけではないので、あえてリスクを冒してみようとは思いません。

最近、Windows 7 パソコンが1台余ったので、これを近々 Windows 10 にバージョンアップする予定です。

いよいよ Windows 10 が7月29日にリリース

いよいよ、Windows 10 が7月29日にリリースされることになったようですね。

最近、私は Windows 10 Insider Preview をダウンロードして試してみましたが、Windows 8 よりもかなりよくなっていると感じました。

まず、タブレットモードとデスクトップモードをいつでもすばやく切り替えて使い分けることができるようになります。

Windows 10 ~ タブレットモードとデスクトップモードを切り替え

2in1 タイプのノートパソコンでモードを切り替えて使うことを考えた機能なのでしょう。

また、ストアアプリはデスクトップアプリのようにウィンドウのサイズ変更や移動が自由にできるようになっています。

日本語版ではまだ試すことができませんでしたが、Cortana という音声対応のアシスタント機能が追加されます。

Windows 10 ~ Cortana という音声対応のアシスタント機能が追加される

「Hey Cortana」と呼び掛けると Cortana を起動できるらしいのですが、このアイディアだけ聞くと Android の「OK Google」の二番煎じでは・・・と感じてしまいます。

Internet Explorer に加えて Spartan というブラウザも搭載されます。Spartan の面白い機能として「読み取りビュー」と「Web ノート」があります。

読み取りビューは広告部分などを非表示にしてタブレットでもコンテンツが読みやすいように表示する機能です。

Spartan の通常表示はこんなかんじです。他のブラウザと同じですね。

Windows 10 ~ Spartan の通常表示

上記のホームページを読み取りビューに切り替えて表示するとこうなります。タブレットの小さい画面でも読みやすそうですね。

Windows 10 ~ Spartan の読み取りビュー

Web ノートを使うと、ホームページに手書きでメモを追加したものを保存したりシェアしたりできます。

Windows 10 ~ Spartan の Web ノート

Linux ではおなじみのマルチデスクトップ機能も搭載されます。今まで Windows の標準機能としてこれがなかったのが不思議なくらいです。

Windows 10 ~ マルチデスクトップ機能

Insider Preview では電源を切るときに スタートボタン ⇒ 仕事率 ⇒ シャットダウン と操作するようになっています。

Windows 10 ~ スタートボタン ⇒ 仕事率?

「仕事率」ってなに?と不思議に思いましたが、英語版ではこの位置に「Power」と表記されているので、単純な翻訳ミスでしょう。

Windows 7 や Windows 8/8.1 のパソコンを使っていれば無料でアップグレードできますので、Windows 10 に移行するのがよいと思いますが(特に Windows 8/8.1 を使っている場合は)、すぐにアップグレードしないでしばらく様子を見てから、しばらく経って落ち着いた頃に、使った人たちの評価を聞いてからインストールするかどうかを決めるのがよさそうです。

私は今まで Windows タブレットに興味がなかったのですが、ちょっと使ってみたくなりました。

タブレットモードで使えるアプリが充実してくれば、Windows が Android や iOS を抜き返すかもしれないなぁ・・・という気がしてきました。