Puppy Linux

次期枕元パソコンのOSは Puppy Linux Wary-511-01j に決定しました

最近、枕元パソコンが不調に・・・

私の枕元パソコンとして活躍している Gateway SOLO 2150 の液晶ディスプレイの調子がだんだん悪くなってきました。

ときどき画面が暗くなったり明滅したりすることがあり、ディスプレイをたたんだり開いたりしているうちに直るので、今のところはなんとかだましだまし使っています。

Gateway SOLO 2150 はもう修理する価値がないほど古いパソコンなので、屋根裏に眠っていた別のパソコンを次期枕元パソコンとしてセットアップすることにして、次期パソコンに相応しい OS を選ぶために久しぶりに Linux をいくつかインストールしてチェックしてみました。

次期枕元パソコンは NEC ValueStar PC-VL700R65A

次に使用することになるパソコンは NEC ValueStar デスクトップ (型番:PC-VL700R65A) です。

NEC ValueStar PC-VL700R65A - OLYMPUS CAMEDIA C-2040 ZOOM

スペックは、

  • AMD Duron 700MHz
  • 40GB HDD
  • 1024MB RAM

と、CPU は非力ながらメモリはけっこう積んであります。

用途はホームページの閲覧だけなので、要求事項としては、

  • この古いパソコンで快適に使える。
  • Google ChromeFlash Player を動かせる。
  • 最近リリースされたもの。

という3点です。

次期枕元パソコンの OS はPuppy Linux Wary-511-01j に決定

これらの条件に合うものとして以下の2つが見つかりました。

  1. Puppy Linux Wary-511-01j
  2. Precise Puppy 5.4

実際に使ってみたところ、Puppy Linux Wary-511-01j の方が動作がより快適で、安定していました。

Precise Puppy 5.4 は Ubuntu 12.04.1 を基にして作られているとのことなので、かなり興味があったのですが、今回のパソコンで動かすには動作がやや重く不安定な部分もありました。

ということで、近いうちに NEC ValueStar PC-VL700R65A + Puppy Linux Wary-511-01j が私の枕元パソコンとなる予定です。

Puppy Linux Wary-511-01j のデスクトップはこんなかんじです ↓

Puppy Linux Wary-511-01j のデスクトップ

Google Chrome は以下のサイトにあった google_chrome-puppy-4.31.pet をダウンロードしてインストールしました。

» http://openlab.jp/puppylinux/download/packages-stray/tomo3/

Flash Player は Puppy パッケージマネージャ を使ってインストールしました。

Linux関連記事

Puppy Linux の最新版 Lucid Puppy を動かしてみました

Lucid Puppy という名前で Puppy Linux の最新版(英語版)が公開されていることを知りましたので、さっそくダウンロードしてライブCDで動かしてみました。

Lucid Puppy 5.1.1 のデスクトップ画面はこんなかんじです。

Lucid Puppy 5.1.1 のデスクトップ画面

ブラウザを起動しようとすると、Firefox・Seamonkey・Chrome・Opera・Midori の中からどのブラウザを使うかと聞いてきました。なかなか気が利いてますねぇ・・・。

Lucid Puppy 5.1.1 のブラウザ選択画面

Lucid Puppy 5.1.1 のブラウザ選択画面

Lucid Puppy は Celeron 500MHz のPCでも実用的な動作をしますし、Ubuntu のパッケージも利用可能とのことです。

今回私が試したのは英語版で、日本語版はまだ公開されていませんが、日本語化することもできるらしいので、こんどじっくり使ってみようと思います。

つい最近、私の枕元マシンの Gateway SOLO 2150 を Puppy Linux から Ecolinux-lx に変更しましたが、また Puppy Linux に戻るかもしれません。

Linux関連記事

Gateway SOLO 2150 & Ecolinux-lx で快適インターネット

Gateway SOLO 2150 & Puppy Linux が快適に使えなくなった

Puppy Linux 4.00.4 をインストールした Gateway SOLO 2150 (Celeron 450MHz, 288MB RAM) を自宅の枕元に置いて2年間ほど快適に使っていましたが、最近になって、標準でインストールされているブラウザの SeaMonkey に問題が2つほど起きるようになりました。

ひとつは、Google リーダー を開くと、

Google リーダーはご使用のブラウザでサポートされていません

というメッセージが表示されるようになったことです。

Google リーダーはご使用のブラウザでサポートされていません

Google リーダー を開くたびに毎回このメッセージが表示されるので、めんどくさく感じます。

もうひとつは、ツイッター を開くと、

A script on this page may be busy, or it may have stopped responding…

というメッセージが表示されるようになったことです。

A script on this page may be busy, or it may have stopped responding...

ツイッター を開くたびに毎回このメッセージが表示されるので、めんどくさく感じます。

SeaMonkey 以外に Google Chrome, Firefox, Opera もインストールしてあるのですが、SeaMonkey 以外ではどれも Flash が動作しないという難点があり、対策を調べてみたのですが、まだ解決していません。

Ubuntu ベースで動作の軽い Ecolinux-lx を見つけました

そこで、Puppy Linux 以外の選択肢を探してみたところ、Ecolinux-lx という OS を見つけました。

Ecolinux-lx は Ubuntu をベースに作られていて、動作が軽いことが特徴です。デスクトップ環境に LXDE を採用しているだけでなく、それ以外にも相当な軽量化が図られているようで、Puppy Linux とほぼ同じ軽さで動作してくれます。

今までに使ってみた Ubuntu ベースの OS の中では断トツの軽さです。

また、Ubuntu 互換なので、Google Chrome の最新版をかんたんにインストールできるのも魅力です。

Ecolinux-lx インストール手順

今回インストールしたのは Ecolinux-lx 9.10 beta ですが、起動時の選択メニューから Ecolinux-lx をインストールすることができませんでした(インストールを選択してもライブCDの状態で起動するだけでした)。

そこで、Ecolinux-lx をライブCDの状態で起動してから

左下のスタートボタンをクリック ⇒ [実行] ⇒ sudo ubiquity コマンドを実行

という操作によりインストーラーを起動してインストールを行いました。

Google Chrome のインストール手順

Google のホームページで提供されている .deb 形式のファイルをダウンロードしただけではインストールできません。

まず、Synaptic パッケージマネージャ により gdebi をインストールします。

そして、Google からダウンロードした .debファイルをダブルクリックしてインストールを実行することができました。

Gateway SOLO 2150 & Ecolinux-lx で快適インターネット

Gateway SOLO 2150 & Ecolinux-lx で快適インターネット

今まで Puppy Linux で使っていたメールソフトの Sylpheed も Synaptic パッケージマネージャ によりインストールして、SOLO 2150 がまた快適に使える枕元マシンになりました。

Gateway SOLO 2150 & Ecolinux-lx で快適インターネット

Gateway SOLO 2150 & Ecolinux-lx で快適インターネット

ブラウザの軽さを計測して比較してみました

Google Chrome は性能が低いパソコンで使っても動作が軽いと感じていましたが、この古いパソコンでブラウザの動作にどれくらいの差が出るのか、計測してみました。

計測結果は以下の通りです。

Chrome
6.0
Opera
10.62
Firefox
3.5.9
1回目の起動 19秒 20秒 19秒
2回目の起動 6秒 9秒 11秒
スクロール 12秒 36秒 21秒

グラフ:ブラウザの軽さを計測して比較してみました

【スクロール】はこのブログ https://uonuma.biz/ を表示して ↓ キーを押したままでいちばん下まで移動するのに要した時間を計測しました。

1回目の起動時間はほとんど同じですが、2回目の起動時間やスクロールの軽さは Chrome が勝ってますね。

Linux関連記事