5年前に HONDA HSM1590i という除雪機を買ったのですが、それからまったくメンテナンスをせずに5シーズンも使っていました。

私の場合、魚沼情報サービスの周りだけしか除雪機を使わないので、頻繁に点検やオイル交換をしなくてもいいかな・・・と思っていたんです。(それにしても、5シーズンは長いですが・・・)

さすがに2年くらい前から運転音がうるさくなり、黒っぽい排気ガスがときどき出るようになっていました。

先日、森農機商会さんから早期予約割引の点検申込みハガキが届いていたので、点検とメンテナンスをお願いして、今日の午前中に除雪機が点検を終えて戻ってきました。

ちょっとエンジンをかけてみたところ、運転音が静かになって排気もきれいです。

例年は雪がドカッと積もってからようやく車庫の奥から除雪機を出してくるのですが、今年は異例の早さでスタンバイ完了です。

除雪機 HONDA HSM1590i がスタンバイ完了 - SONY Cyber-shot DSC-P43

森農機商会さんから、除雪機を長持ちさせるポイントを教えてもらいました。

下の写真のマルで囲んである2ヶ所のボルトをときどき増し締めすると、除雪機に負担がかからずに長持ちするんだそうです。

除雪機 HONDA HSM1590i を長持ちさせるポイント - SONY Cyber-shot DSC-P43

締めるのがどのボルトだったか忘れてしまいそうなので、備忘録を兼ねてブログに載せてみました。