ブログのこと

BizVektor で最終更新日時を表示しない(消す)方法

BizVektor という WordPress のテーマを使うと、投稿された記事のタイトルの下に投稿日と最終更新日時が表示されます。

BizVektor という WordPress のテーマを使うと、投稿された記事のタイトルの下に投稿日と最終更新日時が表示されます。

最近になって私は最終更新日時の部分が気になりました。

気になった点は2つです。

  1. 最終更新日時ではなく最終更新日が表示されている(時刻が表示されていない)。
  2. すべての記事に最終更新日を表示する必要ってあるの?

今までずっと気にしていなかったのですが、ある記事に誤字があることに気がついてそれを訂正したときから上記のことが気になり始めました。

最終更新日時を表示する必要があるときはその記事の本文に書けばいいか・・・ということで、このブログでは最終更新日時を表示しないようにしました。

以下、その方法です。

方法その1.CSS を追加

以下の CSS を追加すれば最終更新日時は非表示になります。とりあえず消したいならこの方法がかんたんです。

.content .entry-meta .updated {
display:none;
}

方法その2.module_entry_meta.php を書き換え

module_entry_meta.php の以下の行を削除すれば最終更新日時が出力されなくなります。

<span class=”updated entry-meta-items”><?php _e(‘Last updated’); ?> : <?php the_modified_date(”) ?></span>

module_entry_meta.php を書き換えて日付の表示形式や文言を変えることもできますので、いろいろいじりたいときはこちらの方法を使います。

TypePad のカスタマイズ作業を行いました

お客さんからご依頼いただいたブログのカスタマイズ作業を行いました。

お使いのブログシステムは TypePad で、8年前のブログ開設時にカスタマイズのお手伝いをさせていただきました。

TypePad のカスタマイズ作業を行いました

その後 TypePad をいじっていなかったので、テンプレート・モジュールの作り方とか、それをアーカイブ・テンプレートにインクルードするやり方とか、ほとんど忘れていました。

TypePad は当時人気があった Movable Type の流れをくむブログシステムで、OCN のブログ人などでも採用されていましたね。

ググってみたら、その後 Lekumo という新しいサービス名になってリニューアルされていました。

そんなこともあって、今回の TypePad の作業に必要な情報を手に入れるのに苦労しましたが、以前の作業記録を参考にしながらなんとかご要望通りのカスタマイズができました。

私はパソコンを使って仕事をするようになってから記憶力がすごく落ちました。

パソコンに残しておけばいつでも検索できるから忘れても安心、と考えるようになって、覚えておこうという意識が弱くなったのだと思っています。

その分、作業記録は将来の自分のためにしっかりと残しています。

今回もその作業記録が大変役に立ちました。

自分で作ったテンプレート・モジュールをインクルードできなくてちょっと時間がかかってしまいましたが、$MTWeblogIncludeModule を $MTInclude に書き換えることに気がついて(これも作業記録をよく見たら書いてあった)、作業完了です。

途中で「こりゃ、苦労しそうだなぁ・・・」と思いましたが、思ったよりも短時間にうまくいって晴れやかな気分です。

WordPress のプラグイン SiteGuard WP Plugin をインストールしました

このブログは WordPress で運用していますが、以前に WordPress の管理画面 /wp-admin/ への不正ログインを試みるアクセスが大量にあって、.htaccess によりIPアドレス制限をかけていました。

このアクセス制限の方法はシンプルで確実なのですが、自分のIPアドレスが変わるたびに .htaccess をアップロードするのがめんどくさくなりました。

そこで、SiteGuard WP Plugin というプラグインをインストールして使ってみることにしました。

SiteGuard WP Plugin

このプラグインはログインしていない接続元から /wp-admin/ を守ってくれます。

ログイン時の画像認証に日本語が使えるのも気に入りました。

SiteGuard WP Plugin による画像認証

不正アクセスの大半が海外からなので、日本語を使った画像認証は有効です。

どうせなら、ひらがなだけでなく漢字も使うとさらによさそうですね。

このプラグインをインストールすると、コメントにも画像認証が設定されます。

私はコメントの画像認証がない方が好みなので、コメントの画像認証を無効にしました。

SiteGuard WP Plugin の画像認証設定

WordPress の記事投稿時にメディアライブラリに画像が表示されない不具合の対策

WordPress の記事編集画面で [メディアを追加ボタン] をクリックして画像を追加しようとすると、メディアライブラリに画像が表示されない不具合が起きるようになりました。

年月選択欄(すべての日付)の右側のマークがぐるぐる回ったままで、いつまで待っても画像のサムネイルが表示されません。

WordPress の記事投稿時にメディアライブラリに画像が表示されない不具合

どこか設定変更したわけでもなく、突然にこの不具合が起きるようになりました。

ググって、この不具合の対策を調べてみたところ、以下のような対策例が見つかりました。

上記をすべて試してみましたが、今回の私の不具合は解決しませんでした。

結局のところ、解決できたのですが、解決策は以下の通りです。

同じバージョンの WordPress で運用している他のサイトの /wp-admin をフォルダごと上書き

これで解決しました。

具体的な問題箇所を特定できていないので、気分はスッキリしませんが、とりあえず使えるようになったということで、同じ不具合でお困りの方の参考になればと思い、投稿しておきます。

このブログがスマホ対応になりました

昨日から今日にかけて、このブログをスマホ対応にする作業を行いました。

3月7日の記事に書いたように、スマホ対応しているかどうかを4月21日から Google がランキング要素として使用するため、スマホ対応していないホームページは検索順位が下がってしまいます。(補足:パソコンで検索したときの検索順位にはたぶん変動がないと思われます)

その対策として、このブログで使用している WordPress のテーマをレスポンシブ対応のものに切り替えました。

今まではスマホやタブレットでこのブログを表示すると字が小さくて見づらい部分が多かったのですが、今回の作業によりぐんと見やすくなっています。

Google のモバイルフレンドリーテストでもいい結果が出るようになりました。

問題ありません。 このページはモバイル フレンドリーです。

テーマの切り替え時に役立つプラグイン Theme Test Drive

今回のように WordPress のテーマを切り替える作業をするとき、手を加えていない新しいテーマを有効にすると、そのテーマの初期設定でサイトが公開されてしまいます。

本番サイトとは別にテスト環境を準備してそこで作業すればよいのですが、そういう環境を準備するのってめんどくさいです。

そんなときに役立つプラグインが Theme Test Drive です。

Theme Test Drive を使うと、管理者でログインしているときだけ準備作業中の新しいテーマを有効にした状態のサイトを表示することができます。

今回の作業ではこのプラグインを使ったので効率よく作業を行うことができましたが、ちょっと不具合がありました。

新しいテーマに切り替えたら、Theme Test Drive を使って作業したときに設定したウィジェットがすべてクリアされていて、ウィジェットを再度設定する必要がありました。

ウィジェットの設定はたいした作業ではないので大きな問題ではなかったですが、今後またこのプラグインを使うときにはよく注意したいと思います。

今日の実習でブログのヘッダー画像を作ってみました

今日のパソコン教室くりっくの実習でこのようなブログのヘッダー画像を作ってみました。

今日の実習でブログのヘッダー画像を作ってみました

使用したソフトは 縮小専用。PhotoScape です。両方ともフリーソフトで、とても使いやすく、おすすめです。

素材として使用したイラストは以下の2つです。

  1. クリスマスツリーが描かれたイラスト
    このイラストを縮小~トリミングして背景画像として使用しました。
    クリスマスツリーが描かれたイラスト
  2. トナカイとサンタクロースのイラスト
    トナカイとサンタクロースのイラスト

両方とも イラストAC というサイトからダウンロードしました。このサイトはコンテンツが充実していて、かなりおすすめです。

エキサイトブログのコメント記入欄が変更されましたが・・・

今週、エキサイトブログのコメント記入欄が変更されました。

主な変更内容は以下の2つです。

  • コメント記入欄が別ウィンドウで開くようになった
  • 画像認証が必要になった

数あるブログの中でエキサイトブログのコメント記入欄がいちばん使いやすいと私は思っていたのですが、それをなぜ変更してしまったんでしょう?

記事のページに移動したり別ウィンドウを開いたりしなくても、すでに書き込まれているコメントのすぐ下にコメントを書くことができるエキサイトブログの今までのスタイルはとてもよかったです。

また、画像認証を使えることはよいことだと思いますが、画像認証を使わないという選択肢がないのはいかがなものかと思います。

画像認証を使わなくても迷惑コメントを防ぐことは十分できますので、自分のブログの訪問者によけいな手間を強いるのはイヤだって人は多いはずです。

エキサイトブログのお決まりのパターンで、こういう変更に伴ってコメントを送信できない等の不具合があちこちで起きているようですね。

しばらくすれば不具合は解消されると思いますし、過去のエキサイトの対応から推測すると

  • 従来のコメント記入欄のままで使うか新しいコメント記入欄にするかを選べるようになる
  • 画像認証を使うか使わないかを選べるようになる

ということになるだろうと思います、たぶん。

【11月6日 追記】 画像認証を使うか使わないかを選択できるようになりました

エキサイトブログのコメント設定で画像認証の表示、非表示が選択できるようになりました。これは当然のことだと思います。

従来のコメント記入欄を使いたいという要望も多いようですが、こちらは好みの問題もありますので、どうなるでしょうか・・・。