Amazon Fire TV Stick のリモコンの電池の消耗が激しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨年12月に購入した Amazon Fire TV Stick のリモコンが動作しなくなりました。原因は電池切れで電池を交換したら使えるようになりました。

1月にも電池切れになって交換していますので、電池の寿命はほぼ1カ月ということになります。

Amazon Fire TV Stick のリモコン

テレビのリモコンの電池って何年も持つのが当たり前という認識がありますので、リモコンの電池の消耗がこれほど激しいのは不良品なのでは・・・と思いつつググってみると、このリモコンはこれが正常みたいです。

先代の Amazon Fire TV Stick のリモコン(音声認識機能なし)は電池交換なしで2年間使えていたので、音声認識機能があるリモコンで起きる現象なのでしょう。

今まで使用していたのは 単4アルカリ乾電池 2本 です。

毎月交換するのはめんどくさいし不経済なので、エネループに交換しておきました。

Amazon Fire TV Stick のリモコン

エネループでどれくらい持つのか興味があります。

エネループでも不十分であれば、リチウム電池を使わないといけませんが、そんなリモコンはいやだなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る