Google Analytics で自分を解析対象から除外する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Google Analytics などを用いて自分のサイトのアクセス解析を行うとき、できれば自分自身のアクセスを除外したいところです。

私はブログの投稿やホームページの更新を行うときに、ブラウザで表示を確認 ⇒ 編集画面に入って更新 の操作を何回も繰り返すことが多く、そのすべてがページビューとしてカウントされてしまうと困ります。

IPアドレス固定でインターネットに接続することができれば、以下のように Google Analytics のフィルタで除外してこの問題を楽々クリアできます。

Google Analytics - IPアドレスを除外

でも、IPアドレス固定ってけっこう高いんです。

私が利用している OCN だと月額10,000円くらいします。そこまで費用をかけたくないですね。ずっと同じIPアドレスを使い続けるというのも、セキュリティ面でなんとなく不安があります。

費用をかけない方法としては、毎日自分のIPアドレスを調べて、変わっていたらフィルタを変更するという方法もあります。以前私はこの方法を使っていました。自分のIPアドレスを調べるのはかんたんですし(*1)、IPアドレスが変わることはめったにないので、大した手間ではありませんでした。

*1 以下の URL にアクセスすれば、自分のIPアドレスがわかります。
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

いまでは WordPress でサイトを運用することがほとんどなので、テーマの header.php に以下の行を追加して、WordPress にログインしているときにはトラッキングコードを出力しないようにしています。

<?php if ( !(is_user_logged_in()) ) : ?>
Google Analytics のトラッキングコード
<?php endif; ?>

【2018.05.10 追記】functions.php にトラッキングコードを追加するのがベターです

テーマをアップデートしたときに header.php が変更されたことがあって、子テーマに header.php をコピーしてカスタマイズしていても問題が起きました。

そこで、functions.php に以下の行を追加する方式に変更しました。

function google_analytics_code(){ ?>
<?php if ( !(is_user_logged_in()) ) : ?>
Google Analytics のトラッキングコード
<?php endif; ?>
<?php }

add_action( 'wp_head', 'google_analytics_code');
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ホームページ制作のこと、お気軽にご相談ください。

ホームページを制作するだけではなく、ホームページ更新やアクセスアップのためのノウハウの講習、SEO対策などのサポートに特に力を入れています。
パソコン教室の運営も行っていますので、パソコン初心者の方でも初歩からホームページ運営に必要な操作やノウハウを無理なく習得することができます。


見積り依頼・お問合せはこちら