Linux でも LINE ができます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スマホ全盛の現在、インスタントメッセンジャーとして LINE が広く使われるようになり、私もこのツールを使って連絡をとる機会が増えました。

ときどき、LINE のやりとりである程度長い文章の入力が必要なことがあります。

例えば、お客さんから「来月いつ空いてますか?」と質問があったときです。

私はパソコンのキーボードの方がはるかに快適に応対ができるので、この場合は Windows パソコンで LINE を起動してやりとりをします。

仕事場にいるときは常時 Windows パソコンの電源が入っているので、パソコンでの応対はすぐにできます。

自宅では Windows パソコンを使っていることはあまりなくて、Linux を使っていることがあります。

LINE のやりとりを Linux でもできたらいいな・・・と思って、その方法を調べてみました。

まず見つかったのは、Pidgin というメッセンジャーに purple-line というプラグインを組み込む方法です。しかし、けっこう手間がかかりそうな印象を受けたので、そこまでしなくても・・・とパスしました。

次に見つけた方法は LINE が提供している Chrome アプリ を使う方法です。こんなのも出てるんですね。

LINE が提供している Chrome アプリ

早速、Kona Linux 2.3 Black にインストールしてみました。

こんなかんじでメニューから LINE を起動できます。

LINE を Kona Linux 2.3 Black にインストールしてみました

LINE のログイン画面です。

Chrome アプリ版 LINE のログイン画面

メッセージをやりとりする画面です。

Chrome アプリ版 LINE の画面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。