先日、SONY VAIO VPCJ218FJ (PCG-11413N) のハードディスクを取り外すのに手間取ったと書きましたが、それをはるかに上回る手間がかかる機種が持ち込まれました。

同じ SONY の VAIO VGC-LV52JGB (PCV-AK2N) という機種です。

この機種のハードディスクが故障しているので交換修理することになったのですが、今まででいちばん苦労した機種となりました。

どなたかの参考になればと思い、作業を様子を載せておきますが、分解作業は自己責任でお願いします。

作業にとりかかってすぐに「今回は楽勝だな」とニヤリとしたのですが、ぬか喜びでした。

背面に HARD DISK DRIVE ACCESS BAY と書かれたカバーがあり・・・

背面に HARD DISK DRIVE ACCESS BAY と書かれたカバーがあり・・・

そのカバーはネジ4本を外せばかんたんに取り外せそうです。

カバーはネジ4本を外せばかんたんに取り外せそう

そして、そこにはハードディスクがあるはずです。

SONY もたまにはメンテナンスしやすい機種を作るんだなぁ、と感心しながらカバーを外すと・・・

そこにあったのは、2台目の増設用ハードディスクのマウント金具でした。

そこにあったのは、2台目の増設用ハードディスクのマウント金具でした

2台目の増設用ハードディスクのマウント金具

この機種はいわゆるテレビパソコンなので、録画保存用にハードディスクを増設できるようになっているんですね。

ガッカリ・・・そしてここから先が長かった。

ネジ6本を外してスタンドを取り外します。

ネジ6本を外してスタンドを取り外します

そして、背面カバーを固定している21本のネジを外します。

ネジの種類と長さがいろいろあって、きちんと元の場所に取り付けできるようにしないといけません。

ネジの種類と長さがいろいろあって・・・

元の場所が分かるように机の上にネジを並べておきます。

元の場所が分かるように机の上にネジを並べておきます

21本のネジを外しても、背面カバーはかんたんに外せません。

LANポートのあたりに背面カバーの4本のツメがはまっていて、この部分が外しづらいんです。

ツメを折らないよう、慎重に注意しながら取り外します。

背面カバーを外したところです。

背面カバーを外したところ

ここまでくれば、あともう少し・・・

4本のネジを外せばハードディスクをマウント金具ごと取り外せます。

4本のネジを外せばハードディスクをマウント金具ごと取り外せます

でも、USBの信号ケーブルがじゃましていて、これをどかさないとハードディスクを取り出すことができません。

USBの信号ケーブルがじゃま

ここまで徹底的に保守性が悪いと、笑うしかありません。

ようやくハードディスクを取り出せました。

ようやくハードディスクを取り出せました

この機種、ハードディスク交換のために外さなければいけないネジの数が 39本 ありました。

ギネスに認定されているかもしれません。