いよいよ、Windows 10 が7月29日にリリースされることになったようですね。

最近、私は Windows 10 Insider Preview をダウンロードして試してみましたが、Windows 8 よりもかなりよくなっていると感じました。

まず、タブレットモードとデスクトップモードをいつでもすばやく切り替えて使い分けることができるようになります。

Windows 10 ~ タブレットモードとデスクトップモードを切り替え

2in1 タイプのノートパソコンでモードを切り替えて使うことを考えた機能なのでしょう。

また、ストアアプリはデスクトップアプリのようにウィンドウのサイズ変更や移動が自由にできるようになっています。

日本語版ではまだ試すことができませんでしたが、Cortana という音声対応のアシスタント機能が追加されます。

Windows 10 ~ Cortana という音声対応のアシスタント機能が追加される

「Hey Cortana」と呼び掛けると Cortana を起動できるらしいのですが、このアイディアだけ聞くと Android の「OK Google」の二番煎じでは・・・と感じてしまいます。

Internet Explorer に加えて Spartan というブラウザも搭載されます。Spartan の面白い機能として「読み取りビュー」と「Web ノート」があります。

読み取りビューは広告部分などを非表示にしてタブレットでもコンテンツが読みやすいように表示する機能です。

Spartan の通常表示はこんなかんじです。他のブラウザと同じですね。

Windows 10 ~ Spartan の通常表示

上記のホームページを読み取りビューに切り替えて表示するとこうなります。タブレットの小さい画面でも読みやすそうですね。

Windows 10 ~ Spartan の読み取りビュー

Web ノートを使うと、ホームページに手書きでメモを追加したものを保存したりシェアしたりできます。

Windows 10 ~ Spartan の Web ノート

Linux ではおなじみのマルチデスクトップ機能も搭載されます。今まで Windows の標準機能としてこれがなかったのが不思議なくらいです。

Windows 10 ~ マルチデスクトップ機能

Insider Preview では電源を切るときに スタートボタン ⇒ 仕事率 ⇒ シャットダウン と操作するようになっています。

Windows 10 ~ スタートボタン ⇒ 仕事率?

「仕事率」ってなに?と不思議に思いましたが、英語版ではこの位置に「Power」と表記されているので、単純な翻訳ミスでしょう。

Windows 7 や Windows 8/8.1 のパソコンを使っていれば無料でアップグレードできますので、Windows 10 に移行するのがよいと思いますが(特に Windows 8/8.1 を使っている場合は)、すぐにアップグレードしないでしばらく様子を見てから、しばらく経って落ち着いた頃に、使った人たちの評価を聞いてからインストールするかどうかを決めるのがよさそうです。

私は今まで Windows タブレットに興味がなかったのですが、ちょっと使ってみたくなりました。

タブレットモードで使えるアプリが充実してくれば、Windows が Android や iOS を抜き返すかもしれないなぁ・・・という気がしてきました。