犬の関節の負担を考えて居間にタイルカーペットを敷きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、我が家の犬(ジェム、メロ)のことを考えて居間の床にカーペットを敷きました。

犬の関節の負担を考えて居間にタイルカーペットを敷きました - 富士フィルム FinePix F410
犬の関節の負担を考えて居間にタイルカーペットを敷きました - 富士フィルム FinePix F410

ジェム と メロ がボールやフリスビーを追いかけようとしてダッシュすると、フローリングの床の上で足がスリップ(空回り)して、真冬のアイスバーンで車が急発進するようなかんじになっていたんです。

このように滑りやすい床は犬の関節に負担がかかるらしいので、冬の暖房効率のことも考えてカーペットを敷くことにしました。

ジェム と メロ がトイレでの排泄を覚えたとはいっても、我が家には猫もいてなんだかんだとカーペットを汚すことが多くなるのは目に見えています。

そこで、汚れたところを外して洗えるようにタイルカーペットにしました。

犬の関節の負担を考えて居間にタイルカーペットを敷きました - 富士フィルム FinePix F410

タイルカーペットってオフィス用で高そうなイメージがあったのですが、思っていたほど費用がかからずに済みました。

ホームセンターで買ってきたタイルカーペットを縦横の向きを交互に変えて並べて置いていくだけでいいので、敷くのも簡単です。

裏面がゴムのようになっていて重さがけっこうあるので、犬が走り回ってもずれにくいのもタイルカーペットのメリットです。

以前にパソコンデスクを置いていたあたりの床の表面がはがれて見た目が悪くなっていたのですが、その部分を隠せたのもよかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。