いま Windows 8 の使い方の勉強も兼ねていろいろと試していますが、いきなりトラブルに見舞われてしまいました。

そのパソコンにはシリアルATA(SATA)タイプのハードディスクが2台内蔵されていて、それぞれに

  1. Windows Vista
  2. Windows XP

がインストールしてあり、起動時にどちらかを選択できるようになっていました。

今回、2台目のハードディスクに Windows 8 をインストールして、

  1. Windows Vista
  2. Windows 8

というデュアルブート構成になりました。

このパソコンで Windows 8 を使用した後に Windows Vista を起動すると、けっこう長い間 CHKDSK が実行されて、その後に Windows Vista がやっと起動するという現象が起きるようになりました。

大事なデータが入っているパソコンではないので、そのうちに調べよう・・・と思っていたら、何回目かには Windows Vista が起動できなくなってしまいました。

原因を調べたところ、Windows 8高速スタートアップが有効になっているとこういう不具合が起きるということが分かりましたので、さっそく高速スタートアップを無効にしておきました。

Windows 8 の高速スタートアップを無効にする

これから同じようなことをしようとお考えの方はご注意ください。