12月6日の記事Windows 8 を入手したことを書いたのですが、年末の忙しさもあってそのまま手つかずの状態になっていました。

放っておいた理由は、時間に余裕がなかっただけでなく、私は Windows 8 を積極的に使う気になれなかったんです。

たぶん Windows 8 は出来がイマイチだろう・・・という先入観が私にはありました。

過去に発売された Microsoft Windows は「出来のよいバージョン」と「場つなぎのイマイチバージョン」が交互に発売されています。

Windows 98 (出来のよいバージョン)

Windows Me (場つなぎのイマイチバージョン)

Windows XP (出来のよいバージョン)

Windows Vista (場つなぎのイマイチバージョン)

Windows 7 (出来のよいバージョン)

この流れでいくと、Windows 8 にはあまり期待ができないということになりそうです。

しかも、iPhoneAndroid に対抗する新しいユーザーインターフェースを取り入れて大きく様変わりした最初のバージョンですから、すぐに仕事では使わずにしばらくは様子見で行こう・・・と考えるのが妥当だと思います。

私のような考えのユーザーが多いはずですので、マイクロソフトはかつてないほどの叩き売り価格(1月末までの期間限定ですが)を設定して Windows 8 アップグレード版 を売っているんでしょう。

その安さにひかれて買ってはみたものの、そのまま手つかずで・・・という状態でした。

仕事柄、まったく使わない・知らないというわけにはいかないので、ようやくインストールして使ってみましたが、予想通りのイマイチバージョンだと思います。

いろいろといじって遊んで楽しむにはいいと思いますが、Windows 8 を仕事用に使うのはイヤです。

私は今、Windows XP を仕事用にメインで使用しているのですが、そろそろサポート期限がくるので、もうしばらくしたら Windows 7 に乗り換えるつもりです。

次の Windows 9 には期待しています。