パソコン教室くりっくのお客さんから、

YouTube の動画を PowerPoint のプレゼンテーションで使うにはどうしたらよいか?

という質問をいただいて、やり方を調べてみました。

フリーソフトを使って、YouTube の動画をダウンロードしたものをWMV形式に変換してから PowerPoint に挿入するやり方もあるのですが、そのお客さんは

YouTube の画面(操作ボタンなど)をそのまま PowerPoint  に貼り付けしてみたい

とのことでした。

調べてみたところ、PowerPoint 2010 であればわりと簡単に YouTube の動画をスライドに貼り付ける(埋め込む)ことができるんですが、そのお客さんは PowerPoint 2007 をお使いなので、ActiveX コントロール という機能を使ったちょっと面倒な手間が必要でした。

PowerPoint 2007 で YouTube の動画をスライドに貼り付ける(埋め込む)ための手順

  1. PowerPoint 2007 (以下、PowerPoint) で [開発] タブ を表示する。
  2. [コントロールの選択] ボタンをクリックする。
    PowerPoint 2007 で YouTube の動画をスライドに貼り付ける(埋め込む)ための手順
  3. [Shockwave Flash Object] を選んで、[OK] ボタンをクリックする。
    PowerPoint 2007 で YouTube の動画をスライドに貼り付ける(埋め込む)ための手順
  4. マウスでドラッグして動画を表示する枠を描く。
  5. YouTube の画面に切り替えて、埋め込みたい動画のページを表示する。
  6. [共有] ボタン ⇒ [埋め込みコード] の順にクリックして、[以前の埋め込みコードを使用する] にチェックをつける。
    PowerPoint 2007 で YouTube の動画をスライドに貼り付ける(埋め込む)ための手順
  7. 表示された埋め込みコードの value=” と ? に挟まれている部分(上記の赤い下線部分)を選択してコピーする。
    YouTube の画面ではこの部分を範囲選択できませんので、いったんメモ帳などに貼り付けてから上記の部分をコピーしないといけません。
  8. PowerPoint の画面に切り替えて、動画を表示する枠を右クリック ⇒ [プロパティ] をクリックする。
    PowerPoint 2007 で YouTube の動画をスライドに貼り付ける(埋め込む)ための手順
  9. [Movie] の入力欄に上記でコピーしておいたURLを貼り付ける。
    PowerPoint 2007 で YouTube の動画をスライドに貼り付ける(埋め込む)ための手順

以上です。

これと同様な手順で Word 2007Excel 2007 にも YouTube の動画を埋め込むことができます。(役に立つ場面はあまりなさそうですが・・・)