ツバメのライブカメラのご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先ほど YouTube に載せたツバメの巣作りの動画を撮影したライブカメラシステムを紹介します。
(昨年とまったく同じ機材・ソフトを使用しています)

巣の手前に取り付けてあるデジカメは maxellWS30 というずいぶん古い機種です。

ツバメのライブカメラ maxell WS30 - Canon IXY DIGITAL 400

WS30 の電源はUSBケーブル経由でパソコンから供給されています。

このカメラから出ているUSBケーブルの先にはノートパソコンがあります。

パソコンの機種は Dell Inspiron 1100 (Celeron 2.0GHz, 512MB RAM) です。

ライブカメラ用パソコン Dell Inspiron 1100 (LiveCapture2 installed) - Canon IXY DIGITAL 400

液晶ディスプレイが割れてしまったので取り外してあり、外部ディスプレイに接続してあります。

このパソコンに、ライブカメラを運用するためのソフト LiveCapture2 をインストールしてあります。

YouTube にアップロードした動画は LiveCapture2 で録画したものです。

録画した画像はAVI形式でファイルサイズがやたら大きいので、Windows Media エンコーダでWMV形式に変換してから YouTube にアップロードしました。

変換によりファイルサイズが200分の1以下になり、アップロードで待たされなくて済むんです。

Windows Media エンコーダでAVI形式をWMV形式に変換したら200分の1以下になりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. abin より:

    くりっくさん、こんにちは。
    丁寧なライブカメラのご紹介ありがとうございます。
    私でも理解できました。
    それにしても、カメラやパソコンの活用法に脱帽です。
    >液晶ディスプレイが割れてしまったので取り外してあり、
    >外部ディスプレイに接続してあります
    この方法、いただきです。

  2. くりっく より:

    パソコン教室くりっくには、通常用途には使いづらいパソコンや周辺機器(かなり旧式・
    破損している・etc)がけっこうあるんです。
    捨てるのももったいないので、ふだんはパソコン教室の屋根裏で眠っています。
    このライブカメラシステムは、そういった機材を中心に構築されています。
    ちなみに、ノートパソコンにはUSB接続のキーボードとマウスもつながっていて、
    小型のデスクトップパソコンとなっています。

コメントは停止中です。