Zoom によるオンラインレッスン・オンラインサポートを行っています

変成シリコンコーキングで窓枠の雨漏り修理

築20年をかなり過ぎてあちこちに傷みが出てきている我が家ですが、また雨漏りが見つかりました。

こんどは廊下の窓枠の上の部分から雨漏りしています。

雨漏り修理は今回で3回目なので、かなり作業に慣れてきました。

作業手順は以下の通りです。

  1. ブラシと雑巾を使ってコーキングする箇所を掃除する。
  2. 乾いてからマスキングテープを貼る。
  3. プライマーを塗って30分くらい待つ。
  4. コーキングガンを使って変成シリコンコーキングを塗る。
  5. ヘラを使ってコーキング剤をならす。
  6. すぐにマスキングテープをはがす。

マスキングテープを貼ってプライマーを塗ったところです。

プライマーを塗ったところ ~ 変成シリコンコーキングで窓枠の雨漏り修理 - Ricoh Caplio R1S

変成シリコンコーキングを塗ってヘラでならしたところです。

変成シリコンコーキングを塗ってヘラでならしたところ ~ 変成シリコンコーキングで窓枠の雨漏り修理 - Ricoh Caplio R1S

作業手順は頭に入っているのですが、非常に苦手な高いところでの作業なので、慎重にやりました。

非常に苦手な高いところでの作業 ~ 変成シリコンコーキングで窓枠の雨漏り修理 - Ricoh Caplio R1S

非常に苦手な高いところでの作業 ~ 変成シリコンコーキングで窓枠の雨漏り修理 - Ricoh Caplio R1S